SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイトです。ページの先頭です。

SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイト

ブランドが社会とつながる、持続可能な未来へ  「サステナブル・ブランド ジャパン」 提携メディア:SB.com(Sustainable Life Media, Inc.)

ダイベストメント

ダイベストメントとは、投資撤退という意味の言葉。特に、化石燃料関連の企業への投資撤退を呼び掛ける運動で使われる。国際環境NGO 350.orgは、世界でダイベストメントを発表している688の機関の運用資産額が5兆ドルを超えたと発表した。

350.orgは、化石燃料企業からの投資撤退(ダイベストメント)を促す

国内では、ダイベストメントを促進するために、350.org japanが2015年4月に設立された。同団体は日本の金融機関137社が2011年1月から2016年4月までに行った特定23社の化石燃料及び原発関連企業への投融資を調べた。

この調査結果をもとに、「地球に優しい銀行選び」を促す見比べ表をサイトに公開した。個人が口座を持つ銀行が化石燃料及び原発関連企業へどのような投融資を行っているのか把握することができる。さらに、各銀行へ直接メッセージを送れる機能もある。

日本の個人が銀行に預けている総額が動くことで、社会に大きな影響を及ぼすことができる。モノの購入から社会を変えていく「エシカル消費」が普及しているが、社会性のある銀行口座を選ぶ「エシカル金融」の分野も、今後注目されていくだろう。

  • Twitter
  • Facebook
池田 真隆 (いけだ・まさたか)

株式会社オルタナ オルタナ編集部 オルタナS副編集長
1989年東京都生まれ。立教大学文学部文芸思想学科卒業。大学3年から「オルタナS」に特派員・インターンとして参画する。その後、副編集長に就任し現在に至る。オルタナSの編集及び執筆、管理全般を担当。企業やNPOなどとの共同企画などを担当している。

「オルタナ」は2007年に創刊したソーシャル・イノベーション・マガジン。主な取材対象は、企業の環境・CSR/CSV活動、第一次産業、自然エネルギー、ESG(エコ・ソーシャル・ガバナンス)領域、ダイバーシティ、障がい者雇用、LGBTなど。編集長は森 摂(元日本経済新聞ロサンゼルス支局長)。季刊誌を全国の書店で発売するほか、オルタナ・オンライン、オルタナS(若者とソーシャルを結ぶウェブサイト)、CSRtoday(CSR担当者向けCSRサイト)などのウェブサイトを運営。サステナブル・ブランドジャパンのコンテンツ制作を行う。このほかCSR部員塾、CSR検定を運営。