SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイトです。ページの先頭です。

SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイト

ブランドが社会とつながる、持続可能な未来へ  「サステナブル・ブランド ジャパン」 提携メディア:SB.com(Sustainable Life Media, Inc.)

小売業はサステナブルブランドをどう構築するか

Tom Szaky
Image Credit: CNET

ブランディングはどのビジネスでも重要なものだ。BtoB企業も小売企業も、ライバル企業と明確に区別できる自社のアイデンティティをどう築けるか日々努力している。

eコマースや携帯アプリなどの出現により、小売業を取り巻く環境は変化し、消費者とブランドの距離感も変わった。この変化により、消費者とのコミュニケーションやマーケティングに無限の可能性が生まれている。

サステナビリティは今やブランド構築に欠かせない。消費者は、企業がビジネスの基盤として社会や環境に配慮することをこれまで以上に求めるようになってきている。単に企業価値を高めるよりも一歩進んだ姿勢が求められている。

「サステナビリティやCSRをビジネスに取り込んでいない企業はリスクがある」という考えは、特に新しいものではない。しかし消費者の心をつかむような価値を創造するには、クリエイティブな考え方が必要だ。

サステナビリティをブランディングに取り入れるとは

小売業が販売しているプラスチック製のギフトカードを例にとると分かりやすいだろう。買い物をするとポイントがカードに貯まったり、祝日や誕生日にプレゼントとして貰ったりすることがあると思う。こうしたカードは、携帯電話の番号やクレジットカード情報とつながってもいる。

続きはSB-J MAGAZINEで

(編集・翻訳=小松 遥香)