SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイトです。ページの先頭です。

SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイト

ブランドが社会とつながる、持続可能な未来へ  「サステナブル・ブランド ジャパン」 提携メディア:SB.com(Sustainable Life Media, Inc.)

有機食品を格安販売、26歳考案の置き菓子事業

スナックルが提供するヘルシー・オーガニックなお菓子

ヘルシー・オーガニックな食品にこだわった企業向けの「置き菓子」サービスが2月1日に始まる。金子隆耶さん(26)が考案したsnaccuru(スナックル)だ。オーガニック・ヘルシー系のお菓子は300~500円が相場だが、同サービスでは参考店頭価格よりも2~4割安い価格で提供する。印字ミスなどで賞味期限が切れていないにもかかわらず廃棄する食品を、企業の社員向けに割り引いて販売する。福利厚生の一環として導入した企業は、健康経営とフードロス問題に同時に取り組める。(オルタナ編集部=池田真隆)

スナックルはヘルシーな間食環境を提供しながら、フードロス問題にも貢献する。スナックルを運営するツクモ(東京・港)を立ち上げた金子さんは、「従来のフードロスへの取り組みは、もったいないという言葉に象徴されるように社会貢献色が強かった。そこで、結果的に問題が解決するビジネスモデルを考えた」と話す。

スナックルで取り扱うフードロス商品は、従来は倉庫からの直接廃棄や、ドラッグストアやディスカウントストアなどに低い掛率で卸し、在庫ロスを低減させる手法が取られていた。同社では、各メーカーからこれらの商品を買い取り、オフィスという新しい場所を売り場として開拓した。

取り扱うのは、オーガニック認証を取得しているものや、白砂糖不使用、グルテンフリー、ビーガン対応、トランス脂肪酸がないお菓子。同サービスの利用料は月額1万円から。1万円で約100個のお菓子を社内で販売できる。

すでに、パナソニックの日比谷オフィス、経済メディア「NewsPicks」を運営するユーザベースなどでの導入が決まっている。今後は、お菓子だけでなく、軽食や飲料を提供することを考えているという。

池田 真隆 (いけだ・まさたか)

株式会社オルタナ オルタナ編集部 オルタナS編集長
1989年東京都生まれ。立教大学文学部文芸思想学科卒業。大学3年から「オルタナS」に特派員・インターンとして参画する。その後、編集長に就任し現在に至る。オルタナSの編集及び執筆、管理全般を担当。企業やNPOなどとの共同企画などを担当している。
「オルタナ」は2007年に創刊したソーシャル・イノベーション・マガジン。主な取材対象は、企業の環境・CSR/CSV活動、第一次産業、自然エネルギー、ESG(環境・社会・ガバナンス)領域、ダイバーシティ、障がい者雇用、LGBTなど。編集長は森 摂(元日本経済新聞ロサンゼルス支局長)。季刊誌を全国の書店で発売するほか、オルタナ・オンライン、オルタナS(若者とソーシャルを結ぶウェブサイト)、CSRtoday(CSR担当者向けCSRサイト)などのウェブサイトを運営。サステナブル・ブランドジャパンのコンテンツ制作を行う。このほかCSR部員塾、CSR検定を運営。