SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイトです。ページの先頭です。

SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイト

ブランド・イノベーターのためのESG情報サイト 「サステナブル・ブランド ジャパン」 提携メディア:SB.com(Sustainable Life Media, Inc.)

熊本の幻の大豆を使った定食、渋谷ヒカリエで限定販売

「熊本県水増集落 八天狗定食」の販売初日に来店したくまモンと水増集落の女性たち

熊本県の限界集落で見つかった在来種大豆「八天狗(はちてんぐ)」を使った定食が東京にお目見えした。渋谷ヒカリエの「d47(ディーヨンナナ)食堂」が、2月15日までの限定メニューで提供する。初日の1月17日には、郷土料理を指導した集落の女性たちが来店し、くまモンを囲んで試食をした。(瀬戸内 千代)

800年前から山伏が水増(みずまさり)集落で食べていたといわれる「坐禅豆(ざぜまめ)」や、ハレの日の鶏汁、熊本地震で被災したマルキン食品(熊本市)製の納豆、地元野菜の酢味噌あえなど、八天狗をふんだんに使った定食は、税込み1550円。ランチとディナーで1日30食限定で提供する。

水増は、熊本空港から車で約1時間の上益城郡山都町(やまとちょう)にある。平均年齢73歳の18人が暮らす限界集落だが、地元企業のソーラー事業をきっかけに、大学生との交流が始まっている。

育てやすい改良種が全国に広がる中、水増で八天狗と呼ばれ、細々と栽培されていた大豆は、一般的なものより少し小粒で、甘みがある。

その味を気に入った農林水産省の職員がゲノム解析をした結果、データベース未記載の在来種であることが判明した。水増は2015年から八天狗の作付面積を拡大し、下関市立大学の学生らの協力を得て栽培し、2016年の秋には600キログラムの収穫があった。

農水省の情報発信を受けて取材に訪れた、環境ジャーナリストで東京都市大学環境学部の枝廣淳子教授も、2015年以降、ゼミ合宿を水増で実施するようになった。

東急グループの渋谷ヒカリエでの今回の定食販売は、同学部と産学連携協定を結んでいる東急エージェンシープロミックス内の社会課題解決専門ユニット「POZI(ポジ)」との協働で実現した。

農水省が水増集落に注目するきっかけを作ったのは、2014年から同地でソーラー事業を営み、売電収益の一部で地域おこしに取り組む、テイクエナジーコーポレーション(熊本県菊池郡菊陽町)だ。

同社の竹元茂一会長は、「ソーラーの売電収益は、国民の税金とお天道様の恵みで成り立っている。だから、地域に還元するのが当たり前」と語った。

瀬戸内 千代 (せとうち・ちよ)

環境分野、特に海洋や生物をテーマとする海ライター。雑誌「オルタナ」編集委員、ウェブマガジン「greenz」シニアライター。1997年筑波大学生物学類卒、理科実験器具メーカー「ナリカ」でサイエンス・トイ企画など経験後、出版業に転職、2007年に環境ライターとして独立。自治体環境局発行のメールマガジン、行政の自然エネルギーポータルサイト取材記事などを担当。2015年、東京都市大学環境学部編著「BLUE EARTH COLLEGE ようこそ、「地球経済大学」へ。」(東急エージェンシー)の編集に協力。瀬戸内海や房総半島に暮らす人々に取材し雑誌や企業広報紙で地域の魅力を発信する仕事や、海洋環境保全NPO「OWS」などの機関誌編集ボランティアを継続している。