3

未来まちづくりフォーラム

24th,Feb,2021,
10:00-18:30

会場:パシフィコ横浜 ノース
主催:未来まちづくりフォーラム実行委員会

事前登録

協創で日本創生モデルをつくろう
SDGsで「グレート・リセット」

ポスト・コロナは単に元に戻るのではなく、これを契機に社会を変える「グレート・リセット(大変革)」の視点がきわめて重要です。
より持続可能な経済社会システムへと変革するための優れた羅針盤がSDGsです。
「未来まちづくりフォーラム」はSDGsにより最先端の未来まちづくりについて、関係者が協働して価値を生み出すプラットフォームです。
SDGsと連動した政府の「スーパーシティー」も、特区制度法案が成立しています。
最先端の技術を活用し、地域の「困った」を解決する規制緩和を交え「丸ごと未来都市」を目指すものです。
内閣府をはじめ関係府省の後援も得て実施され3回目を迎える本フォーラムでは、SDGs未来都市などの自治体や企業、
アカデミック、各種団体などのさまざまなアクターが集まり、「未来まちづくり」に向けた「協創力」を発揮します。
技術とイノベーションを生かし、環境・自然・歴史伝統・文化・農林水産物などの地域資源活用やブランディングと、
まちのシビック・プライドも重要なテーマです。
グローバルなネットワークを持つサステナブル・ブランド国際会議との同時開催により、
リアルとバーチャルを融合しハイブリットに進化する「未来まちづくりフォーラム」で未来のまちづくりを実現しませんか。

※SDGs「持続可能な開発目標」とは… 2015年9月に国連で採択された文書「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」に盛り込まれた2030年に向けた17の目標と169のターゲットからなる目標。
この目標実現のために、先進国・途上国を問わず、政府・関係機関・自治体・企業・NPOなど、 すべての関係者による行動が求められている。今年は残り10年となり「行動の10年」の始まりの年に当たる。
img
笹谷 秀光
未来まちづくりフォーラム実行委員長
CSR/SDGsコンサルタント

東京大学法学部卒業。
1977年農林省入省、大臣官房審議官、関東森林管理局長などを経て2008年退官。
同年伊藤園入社。取締役などを経て2019年4月退職。2020年4月より千葉商科大学教授。
サステナビリティ日本フォーラム理事、日本経営倫理学会理事、グローバルビジネス学会理事、通訳案内士資格保有(仏語・英語)。
現在、幅広くパネリストや講師として登壇。
「第70回 全国能率大会懸賞論文発表会」においてSDGs関連の論文で最優秀賞「経済産業大臣賞」を受賞(2019年5月27日)

〔主な著書〕
「Q&A SDGs経営」(日本経済新聞出版)
「SDGs見るだけノート」(監修・宝島社)
「協創力が稼ぐ時代」(ウィズワークス社)
「経営に生かすSDGs講座」(環境新聞社)

〔公式HP〕
笹谷秀光公式サイトー発信型三方よし(https://csrsdg.com/

コロナ禍におけるフォーラム開催の感染症対策

第3回未来まちづくりフォーラムは、2020年に引き続きSDGs未来都市である横浜で開催します。
コロナ禍のイベントのあり方として、これまでの開催仕様にプラスして、オンラインによる参加が可能なハイブリット開催へと進化します。
オンライン配信により、今までご参加が叶わなかった遠方の方や全国の自治体関係者の皆さまがご参加いただけるようになります。
また、同時開催イベントサステナブル・ブランド国際会議2021横浜及び第2回全国SDGs未来都市ブランド会議を含めに2日間にわたり、サステナビリティ・SDGs・
地方創生・地域活性
の最新動向をご体感いただけるプログラムをご用意いたします。(※サステナブル・ブランド国際会議2021横浜 詳細はこちら)

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)予防対策について

株式会社博展(主催)で策定したガイドラインに則り安全な会期運営を行います。
また、一部コンテンツをオンラインとのハイブリットでの開催を予定しています。(※変更の可能性あり)

img
img
img
img
img
事前登録いただきました方には、正式参加登録がスタートするタイミングでご案内を差し上げます。

OUTLINE

開催概要

名称
第3回未来まちづくりフォーラム
会期
2021年2月24日(水) 10:00‐18:30
会場
パシフィコ横浜ノース・オンライン
参加費
5,000円(税別/事前登録制)
主催
未来まちづくりフォーラム実行委員会
特別協力
サステナブル・ブランド国際会議 横浜
同時開催
サステナブル・ブランド国際会議2021 横浜
img

未来まちづくりフォーラムの特徴

img
Plenary:基調講演
SDGsを共通言語に、サステナビリティに先進的な自治体
及び企業がお互いにどのように連携しているのか。
SDGs未来都市の首長を始め、各界のリーダーによる
単独セッション及びシンポジウムを実施。
img
Activation Hub:展示・交流エリア
同時開催のサステナブル・ブランド国際会議2021の
スポンサー企業・団体と共に「まちづくり」「ひとづくり」
「しごとづくり」でSDGs的に積極的に取り組む企業の
事例をご展示いたします。
img
Break Out:特別セッション
農林水産物・環境・観光・まちづくり・健康・文化など
現下の社会課題への最先端のソリューションが総結集。
企業・自治体・関係者のコラボによる「協創力」に
焦点をあてたリレーセッションを実施。
img
Networking :ネットワーキング企画
ランチ・ブレイク及びネットワーキングレセプションは
様々なネットワーキング企画が満載です。
同時開催のサステナブル・ブランド国際会議2021横浜の
参加者ともインタラクティブに交流できます。

会場

img
パシフィコ横浜 ノース

〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1
TEL: 045-221-2155 (総合案内)

DECLARATION

未来まちづくりフォーラム
SDGs宣言

日本のよいものを「クールジャパン」として掘り起こし、「インバウンド」の皆様にも訴え、
「レガシー」として 次世代に残していくことが求められている。
そのため、世界的視野に立って、世界の持続可能性の共通言語である「持続可能な開発目標(SDGs)」を活用し、
関係者が連携して地域課題を解決していく。
未来まちづくりフォーラムを協働で新たな価値を生む「協創力」を発揮するためのプラットフォームとして育てる。
「協創力で日本創生モデルをつくろう」をテーマにした「未来まちづくりフォーラム」にあたり、活動指針としてこの宣言を発信する。

地方創生まちづくりに「持続可能な開発目標(SDGs)」を活用する。

SDGs の各目標との関連付けを意識し、地方創生 SDGs を推進。
特に、目標 11「住み続けられるまちづくり」や目標 17「パートナーシップ」を念頭に、これらの目標に貢献。

センス・オブ・プレイス(まちの個性)とシビック・プライド(市民の誇り)を重視し、
シティプロモーションにも注力する。

「未来まちづくりフォーラム」を地方の「稼ぐ力」をつけ
「ライフスタイルの創出」に結び付ける「学び」の優良事例の 共有の場となることを目指す。

新たな連携・協働の形を探るオープンイノベーションの場として活かす。

関係機関との連携を強化する。

東京2020や「beyond2020」を見据えた継続的な活動を目指す。

※SDGs「持続可能な開発目標」とは… 2015年9月に国連で採択された2030年に向けた17の目標と169のターゲットからなる目標。
この目標実現のために、先進国・途上国を問わず、政府・関係機関・自治体・企業・NPOなど、すべての関係者による行動が求められている。

第2回未来まちづくりフォーラム開催の様子

会期
2020年 2月20日(木)
会場
パシフィコ横浜
主催
未来まちづくりフォーラム実行委員会

産官学金労言―あらゆるセクターの連携によって持続可能なまちづくりを考える「第2回 未来まちづくりフォーラム」をサステナブル・ブランド国際会議2020横浜の「地方創生・地域活性のスペシャル・イベント」 として開催いたしました。
SDGs未来都市の首長を始めとした自治体関係者、地方創生まちづくりに取り組む企業・団体、教育・研究機関から、376人の方が集い、ネットワーキングが実現されました。

img
海堀 安喜 氏
内閣府 地方創生推進事務局長
img
清水 勇人 氏
さいたま市 市長(SDGs未来都市)
img
大村 秀章 氏
愛知県 知事(SDGs未来都市)
img
久保田 后子 氏
山口県 宇部市 市長(SDGs未来都市)
img
勝部 修 氏
岩手県 一関市 市長
img
佐藤 淳一 氏
福島県 磐梯町 町長
img
高橋 祥二郎 氏
株式会社 滋賀銀行 取締役頭取
img
名和 高司 氏
一橋大学ビジネススクール
国際企業戦略研究科 客員教授
※ご所属およびご役職は、ご登壇当時のものです。

関連記事

第1回未来まちづくりフォーラム開催の様子

会期
2019年3月7日(木)
会場
ヒルトン東京 お台場
主催
未来まちづくりフォーラム実行委員会

「まち・ひと・しごと」の側面から地域、そして日本全体の創生を考える「未来まちづくりフォーラム」をサステナブル・ブランド国際会議2019横浜内にて初開催いたしました。
地方創生まちづくりに取り組む企業・団体、自治体、教育・研究機関から285名の方が集い、「協創・連携」のネットワーキングが実現されました。

img
片山 さつき 氏
内閣府 特命担当大臣(地方創生)
img
阿部 守一 氏
長野県 知事
img
太田 昇 氏
岡山県 真庭市 市長
img
伊藤 徳宇 氏
三重県 桑名市 市長
img
越 直美 氏
滋賀県 大津市 市長
img
小宮山 宏 氏
三菱総研理事長
img
村上 周三 氏
一般財団法人 建築環境・
省エネルギー機構 理事長
img
田中 理沙 氏
学校法人先端教育機構
事業構想大学院大学 学長
※ご所属およびご役職は、ご登壇当時のものです。

関連記事

RELATED ARTICLE

関連記事