SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイトです。ページの先頭です。

SUSTAINABLE BRANDS JAPAN のサイト

ブランド・イノベーターのためのESG情報サイト 「サステナブル・ブランド ジャパン」 提携メディア:SB.com(Sustainable Life Media, Inc.)
アルゼンチン

バーガーキング、最強ライバル「マック」の寄付に貢献

ワッパーはバーガーキングの代名詞ともいえる主力商品

アルゼンチンのバーガーキングが、最大のライバルであるマクドナルドのチャリティーにユニークな方法で貢献した。アルゼンチンのマクドナルドは「McHappyの日」に、ビッグマックの売り上げすべてを小児がん患者の支援活動に寄付している。バーガーキングによると、昨秋のMcHappyの日に同社の主力商品「ワッパー」を注文した来店客に対し、同商品の代わりにマクドナルド店舗でビッグマックを買うように促したという。(オルタナ編集部=吉田広子)

2017年11月10日、バーガーキング・アルゼンチンは、同社の主力商品であるハンバーガー「ワッパー」の販売を中止した。その理由は、最大のライバルであるアルゼンチンのマクドナルドが、ビッグマックの売り上げすべてを小児がん患者の支援活動に寄付するチャリティー・デーだからだ。

バーガーキング・アルゼンチンが公開した動画によると、バーガーキングを訪れた来店客が「ワッパー」を注文すると、スタッフは「今日は販売していない」と答える。その代わりに近隣のマクドナルドで、ワッパー同様主力商品であるビッグマックを買うように促す。

「McHappyの日」、バーガーキング・アルゼンチンは、主力商品のワッパーの販売を中止し、寄付を促した

来店客は一様に「冗談を言っているの?」「ライバル社の商品をすすめるなんて信じられない」といった反応を示す。一方で、ビッグマックを購入した客は「これはとても良い仕掛けだ。なぜブランドはいつも競争しなければいけないのか」と疑問を投げかける。

バーガーキングのキャラクターである「王様」が、あるマクドナルドの店舗を訪れ、ビッグマックを注文すると、スタッフとほかの来店客から歓声が起こった。

両社はこれまで、互いの商品を揶揄するようなさまざまなキャンペーンを展開してきた。バーガーキング・アルゼンチンは、「私たちは『ワッパー』以上の商品がないことを知っている。そして、目標を達成するには競合とも団結するのが最良の方法だ」とフェイスブックでコメントしている。